学生の時は、英語が苦手でその恩師にはいつも愚痴言っていました。そのたびに英語の勉強の仕方を徹底的に
教えてくれました。

分かりやすく説明してくれていましたが、なかなか成績は上がりませんでした。

いつも優しく教えてくれていましたが、呑み込みが悪いのか英語の成績は最後から数えて近い方だったと思います。

だから、いつも英語の授業になると憂鬱で、中間、期末いつもテストで成績が悪く落ち込んでばかりいました。

今考えると、いわゆる長期間ずっとマイナス思考でした。私がいつも憂鬱そうな顔をしているので、その恩師は良い方向に考えるように言ってくれました。

その恩師のプラス思考に考える励ましの言葉で、少しづつ英語を勉強するようになり分からなかったところも理解できるようになりました。

だから、いつも落ち込んでマイナス思考の時には、良い方向に考えるプラス思考する癖がつきました。英語の成績が悪かったおかげだなと思いました。

そのことを考えるとマイナス志向とプラス思考は隣りあわせなんだなと思いました。プラス思考はいろんな時に役立ち励みになっています。

つらいなと思うときにはいつもその恩師のプラス思考が思い浮かび、いろんな時の助けになっています。

プラス感情トレーニング「emotion plus」無料購読

スマートフォン・PC対応

プラス感情を生み出してプラス思考になっていける!

130日間連続メール

完全無料

info@plus-human.netからのメールを

受信できるようにして購読して下さい。

メール:

お名前:


利用規約
130日間連続メールは「プラス感情トレーニング2」に移行しました。
パニック発作を経験したことから、
すごい教材を制作してしまいました。

プラス感情トレーニングがより強力に!
→ プラス感情トレーニング2「emotion plus」 ←